WORKS
千代田ラフトの映像

スタッフ通信一覧へ

ロケの思い出2019年5月7日

皆さんは46都道府県をどれくらい回ったことがあるでしょうか。
この仕事をしていると、ロケなどで地方に撮影に行く機会がままあります。
この仕事を始めて14年、九州の大分県、熊本県、鹿児島県の3県を残すのみ。全国制覇まであと少しとなりました。
今まで行った各地では、撮影する対象にもよりますが、様々な思い出が残っています。

一番最近では、この記事を書くひと月前に滋賀県と愛媛県に行きました。
NHK国際放送の「Castle Quest」という番組の撮影の為です。
日本のお城を、城攻め目線で紹介するという15分の番組で、滋賀県にある彦根城と、愛媛県にある松山城で撮影しました。

興味がある方は以下のURLから視聴することができます。
#1彦根城
https://www3.nhk.or.jp/nhkworld/en/tv/15minutes/20190327/3019073/
#2松山城
https://www3.nhk.or.jp/nhkworld/en/tv/15minutes/20190327/3019074/

今回の撮影で一番思い出深かったのが、松山城で撮影した時の事です。
とにかくたくさん歩きました。
撮影では、まず松山城のある山の天辺まで20分かけて山道を歩いていくところからスタートします。
普段はロープウェイを使って行き来できるのですが、ドローンを使って撮影するため、
人の少ない早朝に行く必要があったのです。もちろんロープウェイは動いていません。

kawashima_photo01
ドローンで撮影した松山城。早朝からの撮影の為、朝焼けとお城という風景を撮影することが出来ました。

また日中にも、広いお城の敷地内の様々な場所を移動しながら撮影しました。特に大変だったのが出演者さんたちです。
城を実際に攻めてみるというコンセプトの撮影の為甲冑を着てもらいました。
レプリカとはいえ、重いものでは全部で15kgもあります。
その甲冑姿のまま、お城のあちこちを走ってもらい撮影しました。
しかも、アングルを変えたり、カメラを変えたりしながら同じところも3回も4回も走ってもらいます。
申し訳なく思いながら、撮影スタッフも出演者さんたちを走って追いかけながら撮影しました。
3日間の撮影だったのですが、一番多い日には2万5千歩も歩いている日もありました。
その苦労の成果は是非番組をご覧いただければと思います。

kawashima_photo02
甲冑姿の出演者を撮影する様子

kawashima_photo03
兜をかぶってご機嫌の私

そんな大変な撮影でしたがよい思い出もあります。その一つが、お城を見る新たな楽しみを見つけたことです。
今まで何となくお城の中心天守を目指して見学していただけだったのですが、そこに至る道中のそこかしこに、
実は敵の侵入を阻む数々の仕掛けがあったのです。「このお城を攻め落とす!」という目線で見ると、門一つ、曲がり角一つとっても、
ここから敵に狙われる、ここにはこんな罠があるといったように想像しながら楽しむことができます。
また、なぜこの場所にこんなお城を造ったのかという理由や、作った人物の背景なども想像しながら眺めることで、
何倍もお城を楽しむことが出来るようになるのです。

kawashima_photo04
松山城天守からの眺め。

そして良い思い出もう一つが、日本最古の温泉ともいわれる道後温泉に入ったこと。
3000年もの歴史があるという温泉で、散々歩き回った疲れもすっかりリフレッシュしました。

kawashima_photo05
道後温泉本館。一部リニューアル中でした。

そしてロケの醍醐味といえるのが、やはり食事ではないでしょうか。
その地域の特色を手軽に感じることができます。

kawashima_photo06
松山の鯛めしは宇和島風の生の鯛ではなく、ご飯と一緒に炊き込むところが特徴。

kawashima_photo07
道後ビール。風呂上りはやっぱりこれが一番。

しかし40歳になった現在、おいしい地酒を飲みすぎたりして、せっかくの思い出を忘れてしまう事も増えてきました。
そのため最近では、ロケの思い出を残すために、「お猪口」を買い集めるようになりました。

kawashima_photo08
1年半位前から集めだしたお猪口たち

kawashima_photo09
お気に入りその1、伊賀上野ロケで買った伊賀焼のお猪口

kawashima_photo10
お気に入りその2、金沢ロケで買った九谷焼のお猪口

日本には全国に焼き物の産地があり、各地で買ったお猪口でお酒を飲んでいると、
ああここではあんなことやこんなことがあったなあとしみじみと思い出すことができます。
結局飲みすぎて忘れちゃいますが。
川島 大樹 最近パパになった40歳。