千代田ラフト

scroll

映像は「プレゼント」それが千代田ラフトの考え。

スタッフ通信

過去の記事

千代田ラフトをもっと知る


「華麗なるミュシャ 祖国への旅路 ~パリ・プラハ二都物語~」

スラブ叙事詩 原故郷のスラヴ民族




放送予定

ニッポンの里山 ふるさとの絶景に出会う旅

里山ロゴ



人と自然が響きあう美しい風景に出会う旅
人の暮らしと多様な生きものを育む自然が調和した、日本ならではの美しい環境「里山」。番組では全国の「里山」を訪ね、その土地ならではの美しい風景と多様な自然を見つめます。里山を見つめ続ける写真家・今森光彦さんや、水中写真家・中村征夫さんの撮影した珠玉の映像・写真も織り交ぜてご紹介します。






ワイルドライフ

2811_main



地球で躍動する野生動物を描く本格的な自然番組
ワイルドライフは、長期取材によってのみ捉えられる大迫力の自然映像や野生動物が見せる驚きの生態が描いた骨太の「自然ドキュメンタリー」です。専門のスタッフが常に最新の機材を駆使し、誰も見たことのない視点で生きものたちの知られざる素顔に迫ります。舞台となるのは、熱帯から極寒の地、高山から深い海底まで。まさに地球の奥深くに分け入り、あらゆる「自然環境の不思議」を皆さまにお届けします!
















日曜美術館

nichibi


1976年4月の放送開始以来、40年以上続く長寿番組
絵画、彫刻、工芸、写真、書、現代アート…。多彩な作品をじっくり鑑賞しながら、その裏に隠された意外な事実や、芸術家の格闘、さらには、驚きの技法から時代の息吹まで、美にまつわる珠玉の物語をお届けします。スタジオには、アートに思いをよせるゲストをお招きし、独自の視点で語っていただきます。日曜日の朝にEテレをつけると、素晴らしい美に出会えて、ちょっと心が豊かになって、うれしくなる。そんな番組を目指していきます。





「行くぞ!最果て!秘境×鉄道 ~縦断 カナダ大雪原~」

01

放送予定


「プレシャス ブルー」シリーズ

00011



フリーダイバーが海洋生物のありのままの姿を捉える
世界の海を素潜りで撮影し“人魚”と呼ばれるフリーダイバー、二木あいさん。動物たちを怖がらせず自然な姿を捉えるため、呼吸音や泡を出すボンベを使わない水中撮影にこだわり、世界で注目されています。二木あいさんが世界の海に潜り、海に住む生物との交流に挑む人気シリーズです。






プレシャスブルー ~幻の人魚伝説 ジュゴンとの出会い~
NHK BSプレミアム 2016年3月19日(土)19:30~21:00
NHK BSプレミアム 2017年3月11日(土)18:00~19:30【再放送】


03ジュゴン
01ジュゴン撮影する二木
舞台は、温かいフィリピンの浅瀬。生い茂る中に、ジュゴンの親子が暮らしている。海辺の開発や環境の変化で、絶滅の危機にさらされるデリケートな生き物に、フリーダイバー二木あいさんが近づいていく。同じ海で何日も泳ぐうち、ジュゴンの警戒心がとれていき、ついにカメラは、母と子が草をはむ様子をとらえる。次第に明らかになる謎の生態。そして、人魚伝説と関わりがあるとされる、「信じられないような美しい鳴き声」が。


出演者:二木 あい(フリーダイバー・水中表現家)
朗読:榮倉 奈々

プロデューサー:本間 新
ディレクター:橋口 恵理加
撮影:奥村 康(日本水中映像)
   中道 勇然(イルージョン)
編集:高橋 淳也
作曲:カンガルー鈴木

サイトを見る



プレシャスブルー ~美しきハンター シャチとの交流~
NHK 総合 2016年12月28日(月)19:30~20:43
NHK 総合 2016年 3月12日(土)13:30~14:43【再放送】


家族
シャチ撮影する二木2
フリーダイバーの二木あいさんが、世界の海に潜り、動物たちの素顔に迫ります。二木さんは空気ボンベなしで6分間潜り続けることができます。昨年放送の第1弾は、深海の主マッコウクジラとの出会い。紺碧の世界で繰り広げられた交流は、大きな反響を呼びました。

シリーズ第2弾、舞台はニュージーランド。今回の相手は海の最強のハンター、シャチ。二木さんは身一つで群の真ん中に飛び込み、仲間と連係で行う迫力の狩りなど貴重な映像の撮影に成功。そして、ついに海の王者と心を通わせます。


出演者:二木 あい(フリーダイバー・水中表現家)
朗読:中条 あやみ

プロデューサー:本間 新
ディレクター:橋口 恵理加
撮影:奥村 康(日本水中映像)
   中道 勇然(イルージョン)
編集:高橋 淳也
作曲:カンガルー鈴木

サイトを見る



プレシャスブルー 〜カリブ海・クジラの親子と出会う旅〜
NHK BSプレミアム 2014年7月19日(土)19:00~20:30
NHK BSプレミアム 2014年8月16日(土)14:00~15:30【再放送】
NHKワールドプレミアムにても8月11日(月)8:15~9:45で放送


広報1
水中イメージ1
世界の海を素潜りで撮影し“人魚”と呼ばれるフリーダイバー、二木あいさん。動物たちを怖がらせず自然な姿を捉えるため、呼吸音や泡を出すボンベを使わない水中撮影にこだわり、世界で注目されています。本編では、マッコウクジラが子育てをする楽園・ドミニカ国の海で、至近距離からその様子を撮影する二木さんの挑戦に密着。クジラが仲間たちにしかみせないありのままの姿を撮影しようとする二木さん。透き通る紺碧の海の中をクジラの親子とともに泳ぎ、海の神秘に迫っていきます。


出演者:二木 あい(フリーダイバー・水中表現家)
朗読:貫地谷 しほり

プロデューサー:本間 新
ディレクター:橋口 恵理加
撮 影:奥村 康(日本水中映像)
    滝澤 真之
音 声:シェルドン・カシミール
編 集:髙橋 淳也
作 曲:カンガルー鈴木

サイトを見る



富士山 森羅万象 —大山行男が撮る神秘の素顔—

スクリーンショット 2016-12-28 16.52.23
スクリーンショット 2016-12-28 16.52.11
スクリーンショット 2016-12-28 16.51.46
スクリーンショット 2016-12-28 16.51.37



スーパーハイビジョン(8K)が捉えた神秘の富士山
霊峰、富士山。その真髄に迫ろうという男がいる。大きな山に行く男と書いて、大山行男。40年もの間、富士山だけを撮り続けてきた破天荒な写真家だ。超高精細のタイムラプス動画で、沸き立つ雲を始め、月や星々、太陽、雷など刻々と変化する富士の自然気象を2年半にわたって記録。そこに映し出されたのは、誰も見たことのない、富士の素顔だった。45分で描いた世界初のスーパーハイビジョン・ドキュメント。


「ウルトラ重機」シリーズ

ウルトラ重機シリーズ 画像



超濃厚な重機ワールドをご覧あれ!
「ウルトラ重機」は、「見たこともない巨大な重機」や、「ダイナミックに動くユニークな重機」、また、そうした重機の「ミリ単位の繊細さで操る技」など、重機の様々な魅力に迫った番組。第一弾は、俳優の田辺誠一がドイツに訪れ、世界一巨大な重機「F60」や重機が眠る聖地「フェロポリス」に訪れ、第二弾は、カナダの林業や、オーストラリアの鉱山で世界一の連携プレーを目の当たりにする。





ウルトラ重機 〜究極の超巨大ワールド〜
NHK BSプレミアム 2015年11月28日(土)21:00〜22:30
NHK BSプレミアム 2016年 7月23日(土)13:30~15:00


01
03
06
直径12メートルの巨大な円盤、その周りの鉄のバケツが地表をザクザク削る-ドイツでは全長600mにもなる超巨大重機が活躍する。さらに世界には見たこともない形やダイナミックに動くユニークな重機が数々ある。それらを「ウルトラ重機」と命名!そうした重機をミリ単位の繊細さで操るウルトラな技術者たちもいる。削る、掘る、運ぶ…人はなぜこんな重機を生み出したのか?独特の感性を持つ俳優、田辺誠一が答えを求め旅する。


出演者:田辺誠一(俳優)

プロデューサー:本間 新
ディレクター:小室 崇
取材:掘 範行
アシスタント:グボグロ イリナ
撮影:中道 勇然
音声:依田 信彦

サイトを見る


















サイエンスZERO

サイエンスゼロ新ロゴ



ディープな科学が見える
めまぐるしく進化する情報技術、着々と私たちの日常に入り込んでいるロボット技術、そして健康長寿を支える生命科学。私たちをとりまく身近な世界は、科学の進歩によって日々変化しています。その最先端で何がおきているのか、その先にはどんな世界が待ち受けているのか。その核心に迫るお手伝いをするのが「サイエンスZERO」です。日曜日の深い夜、ディープな科学を見てみませんか?




Scientist Profile

東京海洋大学 画像1



研究者の「今」を切り取ったプロモーションVTR
海洋に関することはもちろん、日常に関わる数多くの研究に取り組んでいる東京海洋大学。
世界の最先端の研究を行うサイエンティスト達の『今』を切り取ったプロモーションVTRを制作しました。サイエンティストプロフィール! 是非、ご覧ください!!


プロデューサー:遠藤幸夫
 ディレクター:小室崇・坂下涼太・谷内秀久

サイトを見る

DISCOVER the SPIRIT of JAPAN

DISCOVER the SPIRIT of JAPAN



日本人を理解すると、日本はもっと楽しくなる。
普遍的な日本の魅力を海外の人々に伝えるために、「気質」「作品」「生活」をテーマに各地を取材、撮影。有名な寺社仏閣、世界遺産に指定された観光名所はもちろん、伝統工芸や日本が誇る最新のテクノロジー、四季が織りなす豊かな自然や様々な地域色がにじみ出る人々の営みまで、多様な日本の「心」を170の映像で伝えます。



ピタゴラスイッチ

ピタゴラ_ロゴ

「考え方」を育てる
私たちがふだん何気なく暮らしている中には、さまざまな不思議な構造や面白い考え方、法則が隠れています。番組では、毎回こうした面白い考え方や法則を取り上げ、それによって起こるさまざまな事象を紹介し、番組を通して「考え方」を育くむ狙いをもった番組。「ピタゴラ装置」や「アルゴリズムたいそう」、世の中の仕組みを面白おかしく解説するなど人形劇などたくさんのコーナーが番組を彩ります。