千代田ラフト

scroll

映像は「プレゼント」それが千代田ラフトの考え。

スタッフ通信

過去の記事

千代田ラフトをもっと知る


食料フォーラム

HP用①



協同組合の発想を行き過ぎた競争社会にいかす!
2003年にスタートし、年2回開催しています。「グローバル化が進む中、食料の安全をどう確保していくのか」「衰退する地域をどう再生していくのか」などなど。食料を生産し、地域の主要な産業である「農業」を中心的な視点にすえ、食料、地域のその時々の課題を専門家を交えて討論する。いまどき稀な、“硬派”なパネルディスカッションです。

放送予定

過去の放送













すイエんサー

すイエんサーロゴ



ごきげんな雰囲気の科学(?)エンタメ番組です!
NHK局内のテキトーな場所にベンチを1つ置いて収録する、ゆる〜くて楽しい科学(?)エンタメ番組、「すイエんサー」。番組のテーマは視聴者の皆さんからお寄せ頂く、なんとな〜く気になる(素朴なギモン)や、やってみたいな〜という(思い)。日常生活の中で”ちょっと気になっていたけどついついスルー”していたギモンや思いに対して、MCのユージ、春香クリスティーン、白本彩奈の3人とゲスト、そしてリポーターをつとめるすイエんサーガールズが大まじめにチャレンジします!


放送予定

日曜美術館 北大路魯山人×樹木希林

nichibi



1976年4月の放送開始以来、40年以上続く長寿番組
絵画、彫刻、工芸、写真、書、現代アート…。多彩な作品をじっくり鑑賞しながら、その裏に隠された意外な事実や、芸術家の格闘、さらには、驚きの技法から時代の息吹まで、美にまつわる珠玉の物語をお届けします。スタジオには、アートに思いをよせるゲストをお招きし、独自の視点で語っていただきます。日曜日の朝にEテレをつけると、素晴らしい美に出会えて、ちょっと心が豊かになって、うれしくなる。そんな番組を目指していきます。



「行くぞ!最果て!秘境×鉄道」シリーズ

04e8b48b1f861658262792edbd4510f0-1000x562



秘境を鉄道で旅する新しい鉄道番組「行くぞ!最果て!秘境×鉄道」
大峡谷や断崖絶壁など、世界には思いもよらないところに鉄道が走ります。
そんな世界の“秘境”を鉄道で旅するのが「行くぞ!最果て!秘境×鉄道」です。



過去の放送

行くぞ!最果て!秘境×鉄道 ~縦断 カナダ大雪原~
NHK BSプレミアム
2017年2月11日(土)21:00~22:29
2017年4月9日(日)14:00~15:29(再放送)
2017年7月23日(日)12:45〜14:14(再放送)


01
舞台はカナダ・マニトバ州、ウィニペグからチャーチルまで1700kmを走るVIA鉄道。終点はホッキョクグマが街を歩き、オーロラが見られる街です。旅人は、朝の情報番組「あさイチ」のレポーターでおなじみの俳優・古原靖久さん。初の海外だそうです。しかし、古原さんにとって初の海外は一杉縄ではいきません。駅舎無し、ホーム無しは当たり前。無人駅どころではありません。体感気温も-52℃を記録するなど、予想をはるかに超えた驚きの連続でした。果たしてどんな旅になるのやら。。。番組ではあらゆる場所から撮影した「車窓風景」もたっぷりご紹介しますので、ゆったりとした気分で「秘境×鉄道」の旅をお楽しみください!


旅人:古原靖久(俳優)
語り:有働由美子アナウンサー

プロデューサー:伊槻雅裕
 ディレクター:渡辺秀太
     撮影:手島 透
     音声:土方 裕雄

サイトを見る








すイエんサー

すイエんサーロゴ



ごきげんな雰囲気の科学(?)エンタメ番組です!
NHK局内のテキトーな場所にベンチを1つ置いて収録する、ゆる〜くて楽しい科学(?)エンタメ番組、「すイエんサー」。番組のテーマは視聴者の皆さんからお寄せ頂く、なんとな〜く気になる(素朴なギモン)や、やってみたいな〜という(思い)。日常生活の中で”ちょっと気になっていたけどついついスルー”していたギモンや思いに対して、MCのユージ、春香クリスティーン、白本彩奈の3人とゲスト、そしてリポーターをつとめるすイエんサーガールズが大まじめにチャレンジします!


放送予定

「行くぞ!最果て!秘境×鉄道」シリーズ

04e8b48b1f861658262792edbd4510f0-1000x562



秘境を鉄道で旅する新しい鉄道番組「行くぞ!最果て!秘境×鉄道」
大峡谷や断崖絶壁など、世界には思いもよらないところに鉄道が走ります。
そんな世界の“秘境”を鉄道で旅するのが「行くぞ!最果て!秘境×鉄道」です。



過去の放送

行くぞ!最果て!秘境×鉄道 ~縦断 カナダ大雪原~
NHK BSプレミアム
2017年2月11日(土)21:00~22:29
2017年4月9日(日)14:00~15:29(再放送)
2017年7月23日(日)12:45〜14:14(再放送)


01
舞台はカナダ・マニトバ州、ウィニペグからチャーチルまで1700kmを走るVIA鉄道。終点はホッキョクグマが街を歩き、オーロラが見られる街です。旅人は、朝の情報番組「あさイチ」のレポーターでおなじみの俳優・古原靖久さん。初の海外だそうです。しかし、古原さんにとって初の海外は一杉縄ではいきません。駅舎無し、ホーム無しは当たり前。無人駅どころではありません。体感気温も-52℃を記録するなど、予想をはるかに超えた驚きの連続でした。果たしてどんな旅になるのやら。。。番組ではあらゆる場所から撮影した「車窓風景」もたっぷりご紹介しますので、ゆったりとした気分で「秘境×鉄道」の旅をお楽しみください!


旅人:古原靖久(俳優)
語り:有働由美子アナウンサー

プロデューサー:伊槻雅裕
 ディレクター:渡辺秀太
     撮影:手島 透
     音声:土方 裕雄

サイトを見る








「華麗なるミュシャ 祖国への旅路 ~パリ・プラハ二都物語~」

スラブ叙事詩 原故郷のスラヴ民族




放送予定

富士山 森羅万象 —大山行男が撮る神秘の素顔—

スクリーンショット 2016-12-28 16.52.23
スクリーンショット 2016-12-28 16.52.11
スクリーンショット 2016-12-28 16.51.46
スクリーンショット 2016-12-28 16.51.37



スーパーハイビジョン(8K)が捉えた神秘の富士山
霊峰、富士山。その真髄に迫ろうという男がいる。大きな山に行く男と書いて、大山行男。40年もの間、富士山だけを撮り続けてきた破天荒な写真家だ。超高精細のタイムラプス動画で、沸き立つ雲を始め、月や星々、太陽、雷など刻々と変化する富士の自然気象を2年半にわたって記録。そこに映し出されたのは、誰も見たことのない、富士の素顔だった。45分で描いた世界初のスーパーハイビジョン・ドキュメント。


サイエンスZERO

サイエンスゼロ新ロゴ



ディープな科学が見える
めまぐるしく進化する情報技術、着々と私たちの日常に入り込んでいるロボット技術、そして健康長寿を支える生命科学。私たちをとりまく身近な世界は、科学の進歩によって日々変化しています。その最先端で何がおきているのか、その先にはどんな世界が待ち受けているのか。その核心に迫るお手伝いをするのが「サイエンスZERO」です。日曜日の深い夜、ディープな科学を見てみませんか?




Scientist Profile

東京海洋大学 画像1



研究者の「今」を切り取ったプロモーションVTR
海洋に関することはもちろん、日常に関わる数多くの研究に取り組んでいる東京海洋大学。
世界の最先端の研究を行うサイエンティスト達の『今』を切り取ったプロモーションVTRを制作しました。サイエンティストプロフィール! 是非、ご覧ください!!


プロデューサー:遠藤幸夫
 ディレクター:小室崇・坂下涼太・谷内秀久

サイトを見る

DISCOVER the SPIRIT of JAPAN

DISCOVER the SPIRIT of JAPAN



日本人を理解すると、日本はもっと楽しくなる。
普遍的な日本の魅力を海外の人々に伝えるために、「気質」「作品」「生活」をテーマに各地を取材、撮影。有名な寺社仏閣、世界遺産に指定された観光名所はもちろん、伝統工芸や日本が誇る最新のテクノロジー、四季が織りなす豊かな自然や様々な地域色がにじみ出る人々の営みまで、多様な日本の「心」を170の映像で伝えます。



ピタゴラスイッチ

ピタゴラ_ロゴ

「考え方」を育てる
私たちがふだん何気なく暮らしている中には、さまざまな不思議な構造や面白い考え方、法則が隠れています。番組では、毎回こうした面白い考え方や法則を取り上げ、それによって起こるさまざまな事象を紹介し、番組を通して「考え方」を育くむ狙いをもった番組。「ピタゴラ装置」や「アルゴリズムたいそう」、世の中の仕組みを面白おかしく解説するなど人形劇などたくさんのコーナーが番組を彩ります。