千代田ラフト

STAFF BLOG
スタッフ通信

スタッフ通信一覧へ

激カワ☆コスプレ?すイエんサー公開収録とADのお仕事2018年7月18日

ご無沙汰しておりました。伊藤です。
先日、すイエんサーの公開収録に同行しました!
場所は、山梨県の須玉。南アルプスのふもとです。
南アルプスののどかな自然がいっぱい!

2018_itou_012018_itou_02 2018_itou_032018_itou_04

数年前、自分がすイエんサーADのときは日本を代表する大学で収録していましたが…
→知力の格闘技シリーズの詳細はコチラ☆

http://www.nhk.or.jp/suiensaa-blog/n004/158089.html

今回の収録は赤ちゃんも観覧OKということで…
中がめちゃくちゃカワイイ会場でした!
特製のパネルがあったり、ロゴいりの風船があったり…
階段には、手作りのお花も…こまか~い!!

2018_itou_052018_itou_06

スタッフからは「こんなに飾ってもらえるなんて!!(*゚∀゚)」という声が♪
NHK甲府局のスタッフさんと会館のスタッフさんがご準備してくださり、
すっごく熱が入っているのを感じました (*^ω^*)

2日間の準備の間にどんどんデコレーションされていきました。
観覧のお客さんは、完成した姿しかみられないので、
準備風景は、現場だけが知る面白さですねヽ(=´▽`=)ノ

2018_itou_08
現・すイエんサーADの河野氏

河野「写真、なんで斜めなんですか…(゚∀゚;)」
伊藤「オシャレに撮りたくて… (;´Д`)」


山梨といえば、武田信玄。
忍者を多用した武将なんですって。

ってことで! 収録現場にも忍者が!! Σ(゚∀゚)

2018_itou_09

その正体は…… 新人の澤村さん!

2018_itou_10

果たしてどこで出てくるのでしょう…?
カットされなければ……放送でもみられるはず! (;´Д`)
(※後日、忍者登場シーンはカットになりました……)

さて、すイエんサーには、ステキな小道具がたくさん出ます。
ADは事前に台本をしっかり読み込んで、作ったり、買ったり……
現場では、きちっと小道具を整理し、ヒント用、実験用…と段取りよく出し、
片付ける……というのが、仕事のひとつです。

自分だけ準備すればOKではなく、ディレクターやカメラマンなど、
他のスタッフと連携して、次の準備、準備――……と限られた時間の中でこなす。
「これはできました」「次は何しましょう?」とコミュニケーションをとるのが、
本当に難しいです。

2018_itou_11
収録準備に追われるAD河野さん
ADのお仕事は、コスプレだけじゃないんですよ!

伊藤 「明日もロケなんだって?」(・ω・ )
澤村 「マラソンランナーの衣装を着るそうです」(-∀-)
伊藤 「……」(゚∀゚;)


公開収録といえば、「前説(まえせつ)」というADの仕事があります。
私は、ディレクターにも重要な能力だと思っていまして……

□「前説」って何?
□なぜ、ディレクターに重要なのか?
□超☆天才に聞く 前説の極意

この3点について、ご紹介します


= 前説って何? =

2018_itou_12

ウィキペディアによると……
テレビ番組の公開放送などにおいて、本番前に観客に行う説明のこと

① 観客に対する諸注意(見学マナー、携帯電話の使用など)、
② 拍手や笑い声のタイミングの説明、
③ 会場の雰囲気を良くする為に漫才やコントなどを行うこともある

すイエんサーでは、この3つをADがします。漫才はしませんが……


= なぜ、ディレクターに重要なのか? =

2018_itou_14

理由は、『被写体のリアクションを引き出す能力』だからです。
私もすイエんサーで1回だけ「前説」をやりました。
ディレクターに「前説からお客さん撮るから、盛り上げて」と言われ、
「盛り上げる……ってどうするんだ??」と思ったような気がします。

「すイエんサーガールズを見たい!」と思っている人を、
ADの自分が楽しませて 笑顔のお客さんを撮影する――? (゚A゚;)!?

緊張からか、どうしたか?どうだったか?まったく記憶がありません…(;´Д`)

そして、現在、料理のコーナーなどをやっていますが、
「楽しそうに料理してください!(゚∀゚)」と言われて
「はーい♪(^∀^)」と自然に笑える人は少ないですから……
ほしいリアクションを引き出す力、ディレクターには欠かせないと思うんですよ……

そこで、番組プロデューサーに「出るだけで笑いをとる」「うらやましい能力をもつ」
と言わしめた“超☆天才”に話をうかがってみました!


= 超☆天才に聞く 前説の極意 =

2018_itou_15
ラフトのカフェカウンターにて
「後輩のほうがうまいよ?」と謙虚な坂下さん


Q.前説ってやっぱり大事ですかね?

坂下「ワァワァ盛り上がってるところに出ていくほうが、出演者も話しやすいからね」

Q.出るだけで笑いがとれる、極意とは…?

坂下「『笑ってあげようとお客さんに思わせる』かな?
自分はおバカなADを演じたりしたけど、ADごとのキャラクターがあって…。
その人にあった動き・言い方っていうか、後輩がやってるのをみて、みんな笑ってて、
キャラクターを活かすのが大事だって思ったね」

自分のキャラクターをつかむ……
それが天才の極意……!!なんですってヽ(=´▽`=)ノ

さて、すイエんサーin山梨 公開収録シリーズは、これにて終了します。
ご高覧いただき、ありがとうございました!m(_ _)m


=オマケ☆収録現場にて=


2018_itou_162018_itou_17

伊藤 「そのシャツは…?(゚∀゚;)」
河野 「公開収録では、着るって決めてるんです!
不老不死や!大丈夫や!って(*´∀`)」


「不老不死」をスタッフジャンパーに隠し、
本番直前まで前説の練習を懸命にしていました。
伊藤 ※坂下さんが褒めてた後輩は、自分じゃないですヨ